読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフリカソウルパワー2016

大分県日田市には、アフリカも来ます

日田市役所のすぐ近くにある料理がめちゃおいしい【大原屋】さんと

人口7万人(多分もう6万人台)の日田市に

唯一ある映画館【日田シネマテークリベルテ

のコラボ企画『アフリカソウルパワー2016』

f:id:shinpeikondo:20161025102046j:plain

ポスター可愛いのね

リベルテ】も初めて行ったけど、

とても良い雰囲気

こーいう映画館が近くにあることを喜ばないと、

日田のみなさん

f:id:shinpeikondo:20161025103640j:plain

 

会場では雑貨も販売あり

 

f:id:shinpeikondo:20161025102528j:plain

【大原屋】のアフリカンフードもおいしかった~

「カチュンバリ」って辛い付け合せが刺激的に辛かったけど、

とても好きな味

しかも、作り方まで伝授してもらって、

るちさん、アフリカ並に心が広いね

f:id:shinpeikondo:20161025102615j:plain

f:id:shinpeikondo:20161025102408j:plain

モザンビーク人の「ナジャ」

アフリカの草原に響きそうな伸びのある声で、

股間をつかまれて痛いという歌を歌ってました。笑

もちろん、他の歌も素敵

f:id:shinpeikondo:20161025102901j:plain

今、資料見てて気づいたけど、

ナジャ一個上か

 

次はケニアのスラム街で「マゴソスクール」という学校を運営する

早川千晶さん

f:id:shinpeikondo:20161025104114j:plain

ケニアのキベラスラムというところは

隣がゴルフ場

写真撮れなかったけど、

航空写真は貧富の差がはっきりわかるものでした

日田の子ども達にもそーいう現状を見てほしかったな

 

そーいえば今回のアフリカソウルパワーの

キャッチコピーは

モザンビークとケニアが日田で出会います」

だった

日田市が国際都市になる第一歩

最後はドゥルマ民族長老直伝の太鼓演者

大西匡哉さん

どーしたらドゥルマ民族の長老に会えて、

太鼓教えてもらえるんだ?ということは置いといて

ここからはもう「踊った」の一言

f:id:shinpeikondo:20161025105225j:plain

f:id:shinpeikondo:20161025105512j:plain

f:id:shinpeikondo:20161025105524j:plain

8か月の我が子も目を丸くしながら、

踊ってました

f:id:shinpeikondo:20161025105607j:plain

ということで、この日もまたNICE TIME!!!

こんなことしかできないけど、

マゴソスクールの子ども達が歌ってるCD買わせてもらいました

中毒性のある歌声なので、

さいたまから来た旅人は

一泊二日の旅で鼻歌がこのCDになりました。

f:id:shinpeikondo:20161025105727j:plain